FC2ブログ

2017-08-26(Sat)

甘いと思うのよね




秋にそんなに我慢をさせたことはない…はず


普段のオナニー管理は我慢の一部分のかもしれないけれど



恒例のお尻タイム


お尻フェチの秋の為に、わたしのお尻を自由にさせる


舐めたり、触ったり、顔を埋めたり


こんなにもお尻を触ってくるのは秋が初めてかもしれない



あとはもう入れたくて仕方がなくなる



ペットにいかされる


あの子の長いペニスがわたしの奥を刺激する


自分でも驚くほど締め上げていた



思い出すだけで、わたしのあそこは疼く




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2017-07-14(Fri)

短時間




秋はちゃんと命令に従っていた



普段からオナニーしなきゃ死んじゃうって子ではないけど、スイッチが入ると我慢ができなくなってしまう


数日後に私と会うのにしたいというから、我慢しなさいと珍しく命令した



『もう限界だった』


とズボンの前を膨らませて、私にキスをしてくる



直接触ると腰が引けて、声を上げる


それを見て、私は自分が濡れるのがわかる



唾液を垂らして、ニチャニチャと手コキをする


『舐めて…、舐めてください』


「まだだめ」


『もー無理です』



ペロリとなめあげると、悶えていた



2017-06-21(Wed)

久々の逢瀬




あれ?あまり調教ぽいことをしていない


しているのは、普段の射精管理くらいだ



久々に首輪をさせてしたのだけど、やはり途中で外したくなってしまう(。-_-。)


某国製の皮は匂いがして硬い


仮のポリエステルの首輪を再使用するかな



で、私はよいタイミングであの子のちょうど欲しているものを与えているようだ(笑)


若いから扇子なんぞ使わないかしら?と思いながら、似合いそうな色合いのものを選んだ


秋の誕生日が会わない間にあった


ちょうど買い換えようとしていたと
いつも絶妙なタイミングで欲しいものをプレゼントしてくれると、喜ぶ顔を見てこちらも嬉しくなった



久しぶりにしたから、少しあそこが痛い



2017-04-14(Fri)

濡れる




私は感じると濡れすぎてしまう


秋が私の中に入っている時、濡れすぎると抵抗がなくなってしまってあの子はいけなくなってしまう


困ったことです



だからと言ってずっと挿入させるのも…


秋の体力の無さが可哀想になってしまう



ああ、私が上になればよいのか!(笑)



しばらく会えないのが辛い


2017-04-06(Thu)

なめる




秋は無味無臭だ


若いからなのか、さほど体臭がないのだ


舐めさせることも好きだけど、舐めるのも好きな私



唾液でベトベトにしてしまいたい



私のものだと印をつけたくなる


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Powered by FC2 Blog